カードローン 申し込み資格

MENU

カードローンの申し込み資格について

気がついた

カードローンは保証人も担保も不要という利用しやすいローンですね。審査も早く一度契約すれば限度額の範囲内で何回でもお金を借りれるという特徴もあります。女性や学生、ビジネスマン、定年退職した人まで幅広く利用できるカードローンですが、申し込みの前には申し込み資格について確認してくださいね。申し込み資格はカードローンによって違いがありますので、確認しないで申し込むと審査に落ちてしまいますから注意してください。

 

まず、すべてのカードローンで条件としているのは、安定継続した収入があることと20歳以上であるということです。学生ローンは18歳以上なら申し込めますが高校生は申し込めません。また、未成年者の場合は親の同意が必要です。カードローンに申し込める年齢の上限は金融機関によって異なり、60歳以下、65歳以下、70歳以下など様々です。70歳以下になっている場合は年金受給のみの方も申し込める場合が多くなっています。

 

また、自分には収入がない専業主婦でも配偶者に安定継続した収入があれば申し込めるカードローンもあります。自分に収入がない専業主婦が銀行のカードローンに申し込む場合は、本人確認書類だけで申し込めますが、消費者金融に申し込む場合は、本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。また、自分に収入がない専業主婦が借入れできる金額は配偶者の年収の3分の1までとなります。専業主婦に貸し付けをする大手消費者金融はありませんが、銀行や信用金庫のカードローンは専業主婦も申し込めるところがけっこうあります。

 

それから、カードローンの場合は、勤務形態に制限がなく、派遣や契約社員、パート、アルバイトの人でも申し込みができます。ただ、カードローンの申し込み方法によっては正社員でないと申し込めないものもあります。年収の条件が加えられているカードローンもあります。申し込みの際は、必ずホームページの申し込み条件を確認してから申し込んでください。