カードローン 審査

MENU

なぜカードローンの審査に落ちるのか

ショック

カードローンは、ネットで申し込みをするとすぐに電話やメールで仮審査の結果がわかり、借り入れが早くできて重宝しますね。自営業の人や専業主婦も申し込めるカ−ドローンもあります。ただ、仮審査に通ったのに本審査には落ちてしまうということもありますね。なぜでしょうか?

 

仮審査は、申し込みフォームに入力された情報をコンピュータが自動的にポイント化することで行われています。ですから、一定のポイントを満たせば仮審査に通ることになります。この後、金融機関は信用情報機関に申し込み者の信用情報を照会し、他社借り入れ件数、借入残高の総額などを含め、申し込み書に記載した内容と違いがないか、また金融事故は登録されていないか、などの点をチェックします。この時点で甚だしい延滞の記録や債務整理の記録が残っていると審査に落ちる可能性が高くなります。銀行カードローンや大手消費者金融のカードローンなら審査にはほぼ通りません。専業主婦なども借りられる中小の消費者金融なら債務整理の記録が残っていても借りられる場合があります。

 

また、カードローンの仮審査に通ると本人確認書類や、限度額によっては収入証明書を提出する必要もあります。提出書類が不足していると審査が進みません。また、提出した書類に書かれている住所が現住所でない場合も審査には通りません。提出書類は不備がないようにきちんと準備しておきましょう。必要書類は各金融機関によっていくらか違いがありますので、事前に確認してください。また、専業主婦が消費者金融のカードローンを利用する場合は、本人確認書類のほかにも必要な書類があります。きちんと確認してくださいね。

 

カードローンの審査では在籍確認がありますが、申し込み書に勤務先の電話番号を間違って書いていたり、すでに退職している会社名を勤務先として書いていたりすると在籍確認が取れないので審査には落ちます。また、専業主婦がカードローンに申し込んだ場合は在籍確認はありませんが、本人確認で自宅または自分が連絡先として申告した電話番号に電話がかかってきます。もし、非通知の電話をとれないようにしている、あるいは何回かけても留守電で電話がつながらなかったりすれば、やはり審査に落ちてしまいます。ですから専業主婦の方もカードローンに申し込んだら、必ず電話に出られるようにしておいてくださいね。

 

それから、カードローンに申し込むときには、どんな人が申し込めるかということもきちんとチェックしましょう。専業主婦や学生、年金受給者が申し込めるカードローンもあれば申し込めないカードローンもあります。また、カードローンによっては一定の年収がないと申し込めないものもあります。それから、カードローンを申し込むときに一度に2社までなら大丈夫ですが、一度に3社以上申し込むと審査に通らない可能性が高くなります。また、申し込みの記録は信用情報機関に登録されるので、短期間に次々と申し込むと申し込みブラックになって審査に通りません。注意してくださいね。